オスグッド病(膝の成長痛) 13歳 男性


 

成長痛といえば、オスグッドが有名ですが

今回は、膝のお皿の下の骨の出っ張りに痛みがおきる

オスグッド・シュラッター病について症例です。

 

バスケットボールをしている、中学一年生の男子です。

以前から、右膝は痛みを感じる時もあったようですが

 

朝の練習中に、ジャンプの着地・ダッシュをして両膝が痛くなり

・しゃがめない

・自転車を漕ぐのも痛い

と訴えて、その日の夕方来院されました。

 

診てみると、両膝の下の骨の周りを押すと強い痛みがあります。

また、痛みで膝を深く曲げることができません。

    

電気治療と手技療法を行い、左膝の痛みはだいぶ軽減しました。

バスケットを含めて、運動を控えるようにしてもらい

ストレッチを指導しました。

 

 

二日後には「右膝は痛みはあるが、だいぶ楽になった」

その翌日には「二日後の月曜日からバスケをやってみる」

と言えるほどにまで、痛みが軽減しました。

 

右膝の圧痛は少しありますが、膝を曲げても痛みはありません。

 

バスケの練習を再開して、ジャンプやジョギングで

右膝の痛みが出てしまうようですが

一日おきに治療を継続して行いました。

 

初診から九回目の来院時には

ジャンプをしても、走っても

痛みがなくなり治療終了となりました。

 

 

一般的にオスグッドは

成長期にジャンプやダッシュなどを繰り返し行うことで

太ももの前にある、大腿四頭筋の緊張が強くなり

大腿骨と呼ばれる骨が伸びるのに対して

まだ硬い骨になっていない脛骨粗面が

上に引っ張られることで

痛みを起こすと言われています。

 

しかし、まったく激しい運動をしていない成長期の子供が

オスグッドの痛みを訴えて来院されることもあります。

 

また、成長期に激しい運動をしていても

オスグッドにならない子供もいます。

 

 

骨の伸びる時期が影響していることもあるかもしれませんが

オスグッドになる子供に共通して言えることは

姿勢が悪く、筋肉が硬い

ということです。

 

それなので、成長が止まらないと治らないでしょうか?

とよく質問を受けますが、そんなことはありません。

 

 

当院では、姿勢と全身のバランスを考えた

ストレッチと手技を行い

オスグッドを改善しています。