股関節の痛み(そけい部症候群)16歳 男性


 

 

約二カ月前より、右の股関節に痛みがあると

友達の紹介で野球部の学生が来院されました。

 

痛みがでてからは、総合病院でリハビリを受けたり

他の整骨院にも通って治療をしているとの事でした。

 

 

症状として

・右の股関節の前が漠然と痛く

・歩いていて、右足に体重が乗ると強く痛みが出る

・椅子に座って膝を上に引き上げようとしても痛みがある

・右そけい部を押したときの痛みもあります。

 

 

そけい部痛症候群とは

「股関節周辺に明らかな器質的疾患

(明らかな筋損傷や剥離骨折、疲労骨折、鼠径ヘルニアなど)がなく

体幹~下肢の可動性・安定性・協調性に問題を生じた結果

骨盤周囲の機能不全に陥り

運動時にそけい部周辺にさまざまな痛みを起こす症候群」とされています。

 

簡単に言うと「原因がよく分からない運動時の鼠径部の痛み」です。

 

サッカー選手に多く起こるとされています。

また、長期間運動を中止しても痛みが改善しないことも少なくないようです。

 

 

 

症状や関節の動き・筋肉の硬さ・圧痛部位から

ある筋肉に原因があると考え

鍼治療と関節や筋肉に対してアプローチを行いました。

 

 

三回の治療で日常動作での痛みはなくなり

軽いジョギングも出来るようになりました。

 

 

早く部活に戻れるように、現在も治療を継続しています。