上腕二頭筋長頭腱炎 (肩前方の痛み) 70歳 男性


以前に治療に通っていた方の紹介で、両肩に痛みがある患者さんが来院されました。

7か月前から痛みがあり、整形外科、総合病院、整骨院など受診し、原因を調べたり注射やリハビリなどの治療を受けてきたようです。

肩の症状を聞くと、腕を使おうとすると肩の前に強い痛みが起こり、夜も仰向けでしか寝つく事が出来ず、眠れても三時間ごとに目が覚めるという状態でした。

検査をして上腕二頭筋長頭腱炎からくる痛みだと分かり、鍼灸治療を行いました。

 

上腕二頭筋長頭腱炎とは、力こぶの筋肉である上腕二頭筋の腱が、上腕骨と呼ばれる骨の溝とで炎症を起こし痛みがでる症状です。

原因として、繰り返し物を持ち上げたり、長時間のデスクワークなどの腕の使い過ぎや、肩の硬縮(肩の動きが悪い)などがあり二次的に起きることもあります。

今回の患者様も4日間連続の治療で夜中の痛みはなくなり、ずっと出来ずにいた畑仕事が出来るようになりました。現在も腕が完全に上がるよう治療を継続していますが、「ここの治療院に来て良かった」と話してくれました。

 

上腕二頭筋長頭腱炎に対して鍼灸治療はとても効果があります!!

 

肩の痛みの原因や症状はさまざまですが、長引く痛みがありお困りの方はご相談下さい。