胸郭出口症候群 50歳 女性


右肘の外側が痛く腕全体が常に重だるい、という症状の患者さんが来院されました。

仕事はデスクワークでパソコンを使う事が多く、肘の外側上顆という骨の部分の痛みが強かった為、テニス肘だと考え治療しましたが症状に変化はありません。もう一度よく症状を聞くと「車のハンドルを握っていると痛みが強くなる」というので、胸郭出口症候群を疑い検査をすると陽性でした。

 

鍼灸治療とストレッチを行い翌日様子を聞くと、夜も痛みを感じることなく眠ることができてだいぶ楽との事でした。一日おきに3週間治療し痛みや腕の重さなどの症状はなくなりました。

胸郭出口症候群とは、鎖骨の周辺で腕や手に行く神経や血管が圧迫されることで腕の重さや脱力感、痛みやしびれなどの症状が現れます。どの箇所で圧迫が起きているかを検査で特定し、その圧迫を改善する事を目的に治療をしていきます。

背骨であったり普段の姿勢や体の使い方が影響している事も多く、今回の患者さんにも、なで肩、猫背などがみられ姿勢に問題ありでした。

自宅で出来るストレッチやトレーニングを教え、再発しないよう行ってもらっています。