腰部脊柱管狭窄症 85歳 男性


 

「七カ月前に病院で、腰部脊柱管狭窄症の手術をうけたのですが

症状がまったく変わりません。鍼灸治療で改善できますか!?」

 

当院をインターネットで調べ

親戚の方が、痛みとしびれで悩んでいる叔父を連れて来院されました。

 

 

 症状を聞くと

・あお向けで寝る事ができない

・常に腰から足先まで、ピリピリとしたしびれがある

・長く立っていられない

・痛み止めの薬も効かない

 とのことでした。

 

 

簡単な検査をしようとしても、体を伸ばそうとするだけで

痛みとしびれがでてしまいます。

 

うつ伏せになることもできないので

横向きで、鍼灸治療とストレッチなどの手技を行いました。

 

 

一週間後の治療では、夜も痛みなく寝ることができるようになりました。

 

 

鍼は治療後にだるさが出てしまうというので

途中から電気治療とお灸、それと手技療法を行いました。

 

約一カ月後の治療時には、歩いても痛みがでなくなり

腰のだるさと、足の指の軽いしびれだけになりました。

 

 

その後は、週に一回~二回ほど治療を行い

二ヶ月経った頃には、腰と足の痛みやしびれなどの症状は

ほとんど出なくなりました。

 

 

腰部脊柱管狭窄症は

背骨、椎間板、靭帯、関節で囲まれた脊髄神経が通るトンネル

のような、腰の脊柱管と呼ばれるところが狭くなり

脊髄神経や神経根が圧迫されて起こる病気です。

 

 

主な症状として

・歩いていると足の痛みやしびれで、歩行ができなくなる

・かがんだり椅子に座ったりすると痛みが軽減し、再び歩行が可能になる

ということがあります。

 

 

当院にも、脊柱管狭窄症の患者様で

長い距離を歩けなかったのが

普通に歩けるようになっている方が多くいらっしゃいます。

 

そして、女性より男性の脊柱管狭窄症の患者さんの方が

症状が劇的に改善する方が多いように感じます。

 

なぜなのでしょうか?

 

それは、女性は年齢とともに骨粗鬆症になりやすく

背骨が潰れる事が影響していることがあり、男性と比べて改善されにくい。

男性は筋肉の短縮による影響で

狭窄症になりやすい為、改善しやすいと考えます。

(あくまでもこれは、私個人の考えです)

 

 

最後に患者様が

「この治療は、俺に合っている」と

よくおっしゃっていただけたのが印象的でした。

 

お困りの方がいらっしゃいましたら

ぜひ一度、ご相談ください!