腰痛は肩こりに次ぐ国民病と言われ、当院にも多くの腰痛で悩まれている患者様が来院されます。病院で検査をしても腰痛の80%以上は原因の特定ができないと言われていますが、問診・徒手検査や身体を触って動かしてみることで、どこに問題がありそうなのかが予想できます。

腰痛と一言で言っても、その原因はさまざまです。

一般的には腰の関節・筋肉・神経・背骨に問題があり症状を起こすのですが、その問題を起こす元々の原因は普段の姿勢の悪さや体の使い方であると私は考えます。

そして、お尻や脚、首・背中などの筋肉の硬さに問題があり、その硬さが腰痛に影響を及ぼしていることもあります。

また、筋肉や関節などの問題だけでなく、疲労の蓄積や腰から足の冷えなどが影響して痛みを起こすことがあり、東洋医学的な考え方ですが原因となりることもあります。

最近は心因性からくる腰痛もあると言われていますが、私はそれほど多くないと感じています。

 

【ぎっくり腰】

ぎっくり腰とは急性腰椎症の略で、急激に発症した腰の痛みの総称です。

ぎっくり腰を起こす場面としては、床から物を持ち上げた時、運動中に体を捻った時、椅子から立ち上がる時、くしゃみをした時となどさまざまです。

しかし、ぎっくり腰を起こす前に腰の違和感を覚えたり、疲労の蓄積などがあり、その上で腰に負担がかかった時に発症することがほとんどです。

 

痛みの原因と当院の治療方法

 

① 筋・筋膜性の痛み

腰方形筋や腸腰筋などインナーマッスルの筋肉や、胸腰筋膜と呼ばれる筋膜などを肉離れのように傷めたことによる痛みです。ぎっくり腰では胸腰筋膜を傷めることが多く前にかがむと仙骨の辺りに痛みがでます。

治療方法

筋・筋膜性の痛みには鍼灸治療がとても効果的です。痛みの出ている部位を強くマッサージすると却って悪化させてしまうことがあるため注意が必要です。

 

② 神経根の痛み

椎間板が潰れる力が加わることで、脊髄から枝分かれする神経が椎間孔と呼ばれる穴で圧迫されて起こる痛みです。腰やお尻など左右どちらかに痛みがでていることが多く、安静にしていても痛みが引いてこない場合があります。そして、時間の経過と共にしびれがでたりすることもあります。

治療方法

神経根の痛みに対しては鍼灸治療と手技療法を行います。背骨の側弯や、椎間板の潰れる力が影響していることもある為、それらを考え手技療法を行います。

 

⇒ 手技療法とは

 

③ 関節の痛み

腰椎にある関節(椎間関節)や、仙骨と骨盤の関節(仙腸関節)に力が加わったことにより関節にズレが生じて出る痛みです。椎間関節の痛みは後屈時に痛みが増します。仙腸関節の痛みは歩行時に関節部に痛みがあります。

治療方法

鍼灸治療で患部の痛みを軽減させ、椎間関節・仙腸関節にかかる負担を減らすように考え手技療法を行います。

 

④ 腰椎椎間板ヘルニアの痛み

ぎっくり腰でも、重いものを持ち上げたり、体を反って曲げる動きをした際などに椎間板に潰れる力が加わり、飛び出たヘルニアが神経を圧迫して痛みを起こすことがあります。

腰椎椎間板ヘルニアが疑われる場合であっても当院の治療で改善がみられることは多くあります。椎間板ヘルニアで専門医の診察が必要な症状がある場合には医療機関を紹介します。

治療方法

鍼灸治療で痛みとしびれの軽減を図り、椎間板を広げて神経の圧迫を取り除くことを考え手技療法を行います。

 

⑤ 背骨(胸椎や腰椎の椎体)の圧迫骨折の痛み

尻もちを着いたり、転んだりした以外にも、重いものを持ち上げた時などに圧迫骨折を起こすことがあります。
圧迫骨折が疑われる場合は、専門医を紹介します。

治療方法

骨折が完治しても腰の痛みが取れない時は、鍼灸治療で改善を図ります。

 

予防法

ぎっくり腰は日ごろからのストレッチや体幹トレーニング、生活リズムの改善、違和感を覚えた時点で早目の治療、日頃からのメンテナンス治療で予防できます。

 

【慢性的な腰痛】

腰が慢性的に痛む場合や、痛みを繰り返してしまう場合には原因が日常生活の中にあるかもしれません。

日常の動作で、かがむ作業が多かったり、繰り返し重いものを持ち上げるなどの動きが腰の負担になる事は分かりやすいと思います。

それら動作以外にも、猫背や反り腰などの姿勢の問題や、体育座りやあぐら座りなどの座り方の問題、片足に重心を乗せて立っているなどが腰痛の原因になることもあります。

また、全身の疲労や寝不足が原因になることもあります。一見関係がないように思われるかもしれません。

しかし、長年座り方や立ち方が偏っていたら左右の骨盤に歪みが起き、歪みが骨盤の上にある背骨に影響してきますし、疲労が蓄積され睡眠が不足すると本来人間に備わっている自然治癒が働かず腰痛が良くなりません。

慢性腰痛の改善には身体だけの異常にだけ注目するのでなく、その痛みを起こす真の原因特定も非常に大切です。

 

痛みの原因と当院の治療方法

 

① 筋・筋膜性の痛み

腰の筋肉に繰り返し負担をかけることで起こる筋肉の痛みです。腰に張ったような痛みを起こします。

腰痛と聞くと腰の筋肉を傷めていると思うかもしれませんが、単純に筋肉だけを傷めている腰痛はそれほど多くありません。筋肉が背骨に付く付着部での痛みがあると朝方に腰の重さがでたりします。

治療方法

鍼灸治療を行うと痛みは早く改善します。そして、ストレッチなどの手技療法を行い筋肉の柔軟性を高めます。

 

② 神経が関連する痛み

腰骨の中を通っている脊髄神経や大腿神経・坐骨神経が絞扼(潰されたり・圧迫されること)されることで腰やお尻、脚に痛みやしびれなどを起こします。

腰の筋肉が痛いと思っていても神経絞扼が原因で痛みを起こしていることが多くあります。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症なども神経が絞扼されることによっておこります。

神経が絞扼されている期間が長いと完全に症状が取れるとは言えません。

しかし、長い間あった痛み・しびれが治療によって改善することもあります。

治療方法

鍼灸治療は神経根症状には特に有効です。それに加えてどのような神経絞扼があるかを考え手技療法を行います。

 

③ 関節による痛み

腰椎にある椎間関節と、骨盤と仙骨をつなぐ仙腸関節があり、この2つの関節が慢性腰痛の原因にもなることがあります。椎間関節の痛みは、体を反るような動きの時に負担がかかり痛みが起こることがありますがそれほど多くありません。

仙腸関節の問題は腰痛以外にも内臓や下肢の症状などさまざまに影響があります。

治療方法

鍼灸治療で患部の痛みを軽減させます。椎間関節にかかる負担を減らすように、また仙腸関節の動きを良くするように手技療法を行います。

 

④ 骨盤や背骨の歪みからくる痛み

人間はだれでも背骨や骨盤に多少の歪みはあります。日常動作や運動での偏った使い方や、立位が座位での重心のかけ方などが影響していると考えます。

歪みがある方全員に腰痛やしびれ、体の不調がでる訳ではありません。

しかし背骨や骨盤を診ると、どのような症状を発症するのか想像ができますし、実際に腰痛とも関係があります。骨盤や背骨に歪みがあると、関節や筋肉の痛み、神経の絞扼による症状などさまざまな症状がおこります。

歪みを完全に取り除くことは簡単ではありません。しかし、歪みからくる腰痛でも症状の改善は見込めます。

治療方法

体の状態や発症している症状に合わせて治療をしていきますが、鍼灸治療で痛み症状を緩和して歪みを考慮した手技療法を行います。