手首の小指側の痛み(TFCC損傷)15歳 男性


 

TFCC損傷?

 

一般の人には聞きなれない病名だと思いますが

TFCC (Triangular Fibrocartilage Complex)損傷とは

三角繊維軟骨複合体損傷のことをいい、手首の小指側に痛みがでます。

三角線維軟骨複合体は、手首の関節の小指側にある

いくつかの靭帯や関節円盤などを含めた複合体のことをいいます。

 

TFCC

 

テニスやバトミントンなどのスポーツや

仕事で、手首をひねる動きで痛めることが多く

治療や適切な処置をしないと、いつまでも痛みが長引くこともあります。

また、初期には痛みが強く、少しも動かすことが出来ない方もいます。

 

 

今回の患者さんは

バトミントンの練習中にラケットを振った際に痛め

整形外科を受診した、約二十日後に当院に来院されました。

 

 

腱の炎症があると言われたそうですが

試合が近く、休まずに練習を続けていたために痛みが引かず

物を持ったり、手をつく際にも痛みが強く

何もしていなくても痛みがある状態でした。

 

 

当院では、TFCC損傷で痛みが強い場合は

ギプスに似た素材を使い損傷部位を固定します。

うすることで、痛めた部位の安静が保たれ

炎症や痛みを早く抑えることができます。

 

 

週に一~二回の鍼治療や超音波治療を続けて

一カ月過ぎた現在はバトミントンをしても

痛みが出なくなるまでに回復しています。