逆子(さかご) K様 35歳 女性


お灸で逆子が治るというのは一般の人にはなかなか知られていないかもしれません。

しかし、産婦人科の医師や助産師・看護師さんの中には知っている方も多く、今回も逆子がお灸で治るかもしれないと助産師さんに薦められ、妊婦さんが来院されました。

 

33週の妊婦健診で逆子とわかり、2週間後の検診で逆子が治っていなかったら帝王切開になると病院から言われたそうです。自分で仕事をしている関係上、出産後も早い復帰を希望され自然分娩で産みたいとの事でした。

 

逆子がもどるように、一日おきに灸治療を7回程行いました。

検診の前日、妊婦さんとの会話でお腹の赤ちゃんの位置は変わっていそうですか?

と聞いたところ、元々それほどお腹の中で動く方ではないけど蹴る位置は前と変わりがないように思います。

私も少し不安にはなりましたが、あとは検診の結果を待つしかできません。

 

後日電話で、「逆子はもどっていました」(^^♪

 

と連絡を頂きスタッフみんなホットしました。(^0^)

 

36週の現在も逆子に戻らないように、逆子と安産のお灸を一日おきに行っています。